完成が近い

一戸建ては持ち家を検討する人にとって夢の存在とも言えるものです。
それも自由設計による注文住宅となると、その費用もかなり必要となることから、高嶺の花とも言えるものだったものです。
家族構成や生活スタイルによって住みやすい家づくりとなるために、設計から建材、建て方に至るまで選び抜かれたものとなるので費用もそれなりにかかるわけです。
最近においては、効率化が進んでいるために費用もかなり手頃なものとなってきています。
ローコスト住宅とも呼べるものも提供されており、戸建て住宅のような感覚で検討することができるようになっているわけです。
もちろん、それなりの工夫がなされている事から、施主の協力を得る必要もあるものとなります。

これからの住宅

一戸建てにおける住宅設計の注文住宅は現在、ローコスト化が進んでいます。
その価格は建て売りとも思えるほどの水準にまできており、検討しやすいものとなってきています。
その背景にあるのは、建て売りにおける間取り選択のオプションです。
マンションではよく見られる間取りを選んだり内装を変えたりといったことを利用してのものですが、その延長として自由設計においても活用するようになっているわけです。
その内容としては、あらかじめ用意された雛形とも呼べる設計図を元にして設計を行い、そして建具などに関してもある程度用意されているものの中から選ぶという形で理想とする家づくりを実現するという形となっています。
輸入建材なども利用することによって、このローコスト化はさらに続くと見られています。

注意点について

このように、ある程度の選択肢が決められている中での自由設計ということで、いかに建材や建具を選ぶのかという課題が出てきます。
また、輸入品を使用するケースも多いことから、品質にこだわる人にとってはその感じを確かめておくことが必要となります。
また、その工法に関しても効率化のために、独特の方法で行う工務店もあることから、事前にその方式や耐久性などをきちんと確認しておくことは必要です。
そして、同じローコストと言っても他の工務店との差別化を図るためにそれぞれこだわりの部分があります。
木の家にこだわる場合や、生活動線にこだわったものなど、それぞれにどう特徴があるのかを把握した上で、自分達にとってはどれが適しているものかを判断する事も大切なこととなります。

オススメリンク

二階へ上がる

一戸建ての多様性

一昔前までは一戸建てを含めて日本の住宅事情としては圧倒的に分譲住宅の方が多かったとも言え、注文住宅もあるにはありましたが少数であったと言えます。
しかし技術の発展や施工方法の見直しがそう言った少数の中や分譲住宅の中からも磨かれて行き、その結果として現在では様々な手法で自由設計に応えるだ…Read more

白い壁の家

高齢化に適している

注文住宅の良さと言うのは自分好みの家を建てる事が出来ると言う事にもあるのですが、近年では更に予算面の都合に合わせて最適な選択が出来ると言うのも選ばれている理由となっています。
この背景には高齢化社会によるバリアフリーや必要な構造を将来を見据えて自由設計の中に含めると言う形もあると言え、…Read more

関連リンク

BACK TO TOP